LPOの概要と手法の例

概要と手法の例

インターネットマーケティングの手法のひとつとして注目されているもののひとつに、「LPO」(ランディングページ最適化 )があります。 ランディングぺージは、検索結果やバナー広告などをたどってインターネットのユーザーが特定のウェブサイトを訪問するときに、最初に目にすることになる入り口となるページのことをいいます。 このランディングページを改善することによって、ユーザーが商品・サービスの購入や会員登録などの行動に移る割合を高めることが、LPOの目的です。 LPOを行うための方法として「ターゲティング」とよばれるものがあります。

ユーザー層にふさわしいコンテンツをランディングぺージに

これは、どのような特性をもつユーザーに向けてページを作成するのかを明らかにして、そのユーザー層にふさわしいコンテンツをランディングぺージに盛り込むものです。ターゲットを設定するにあたっては、検索エンジンから流入する場合に頻出する検索キーワードや、ユーザーの住む地域やサイト内で閲覧頻度が高いページの内容、SNSでの評価やレビューなどといったデータが用いられます。 また、「ABテスト」などのテストによる方法を用いたLPOもあります。これは、異なる複数のランディングページを作成し、いずれのページが商品・サービスの購入などに結びついた割合が高かったかをデータとして測定し、成績のよいものを採用するというものです。